So-net無料ブログ作成
エチオピア ブログトップ
前の10件 | -

スカイプ等使用禁止法@エチオピア [エチオピア]

「重要な注意喚起」という標題でメールが来た。
エチオピアJI○A事務所からである。

「本日、エチオピア政府がスカイプ等の使用を禁止する法律を施行したことを確認しました。
Skype、Google Talk等のVoice-Over-Internet Protocol(VoIP)全ての使用を禁止するとなっています。
理由の一つは「エチオテレコムの収益確保」ですが、あわせて「アラブの春」の再現を抑止することもあるようです。」

はぁ、何ともまぁ。
エチオピアでは政府行事の前に全く通信機能が麻痺することがあったが、それはFBなどでデモを呼びかける連絡手段を遮断するためだと噂されていた。VoIP登録制になり、政府による関連機器の監視も正当化されるとのことである。
「なお、同法では、VoIPの使用に対し、最長15年の懲役刑が科されることとなっています」
要するに情報統制による政治犯取り締まり強化ということだ。
在住の外国人は不自由を強いられ、投資意欲も半減するだろう。

1980年代の開発独裁について、私は完全否定はしていない。強い政府が決断を下すことによってインフラ整備が進んだことは確かだった。でも、インフラ整備が進み、教育アクセスが容易になり、経済成長が確保できた段階で、中産階級が育って情報開示や自由を求める声が高まるというのが一般的。このプロセスをきっちり見極めて支援しないと、長期独裁を許し、あるいは内戦を誘発してしまう。

エチオピアについては、判断が難しい。
多民族国家でいわゆる近代教育が普及していない彼らに自由と民主主義を説明しても「自分勝手」と理解して無法状態になる可能性はある。だが、だからといって、独裁政権を20年以上続けているのはどうかと思うし、それを支え続ける援助のあり方にも疑問がある。「もうこの国は放っておいたらどうか」というのが、実は多くの援助関係者の声だったりする。

エチオピア政府は国民の貧困を人質にとって援助を潤沢に手に入れている。そのことをわかっていながら、やせ細った可愛そうな子供たちに同情を寄せる人々は大量のお金と食糧を注ぎ込む。私は時々、こうした映像を見せられると嫌悪感を抱くことがある。その裏に隠れた様々な矛盾や問題を飛び越えて「感情」にだけ訴えてしまうことに違和感を覚える。「お金だけ出して安心してていいの?」とドナーに言いたくなる。もっとも、じゃあ何ができるかと言われれば、3年近くプロジェクトを実施してきて、無力ばかり感じる毎日であったし、「お金だけあげて自己満足のまま逃げるが勝ち」というのもわかる気がする。

さて、エチオピアのスカイプ等Voice-Over-Internet Protocol(VoIP)使用禁止法は、これからいったいどういう展開を見せるだろうか。政府への反論を圧殺していく情報統制を、どうやって維持していくのだろうか。

皮肉にも、私は今、政府が崩壊して未だに解決の糸口が見つからないネパールで仕事をしており、「究極の選択でどっちがいい?」と比較されると非常に困る。政府不在で精神的規範を失ったため犯罪も徐々に増えているネパールと、情報統制で強い政府を維持しようとするエチオピア。
個人的には、アナーキーでもいいから、ネパールに軍配だな。いくら政府が強く安定していても、私は発言の自由のない社会では生きていけない。
真っ先に牢屋行きだろう。
無政府社会なら、自分が自己責任で気を付ければなんとか泳いで行けそうだけど。
nice!(0)  コメント(0) 

リフト・バレー(大地溝帯)の朝日 [エチオピア]

sun rise of lift vallay.jpg
リフト・バレー(大地溝帯)は、アフリカ大陸の割れ目である。
遙か眼下に広がる谷は、日本で言う谷とは形相が違い、幅10キロにも及ぶ。
私はその西岸に立ち、谷の向こうから登ってくる朝日をカメラに納めた。

大地溝帯の割れ目には湖が点在する。
いわゆる古代湖で、数万年前から存在する湖なのだという。
何が珍しいのかと言えば、通常湖は川から流れ込む土砂によって、
そんなに長くは存続できないらしい。
ところが、この大地溝帯は常に割れ続けているため、
土砂に埋め尽くされることなく生き長らえているとか。
アフリカ古代湖で有名なのはタンガニーカ湖、マラウイ湖だが、
たぶん、地形的にはこのアバヤ湖とチャモ湖も同時代のものだろう(詳細不明)。

人類は、この大地溝帯で暮らすアウストラロピテクス(猿人)から始まったと言われている。
二足歩行のルーシちゃんが立ち上がったのは、350万年前のことで、
それから人々は進化しながら大陸を移動して世界へと散らばったとされている。
つまり、私もルーシーちゃんの子孫なわけで、
エチオピア人の二足歩行に感謝しなくてはならない。

「僕はそんなの信じてない」
とアシスタントのT君は言う。
彼はプロテスタントだが、
多くのエチオピア人は、神がこの世を作ったと思っているし、進化論を否定しているようだ。

神も神秘的だろうが、私には地球の歴史の方が神秘的だな。
生まれて朽ちていく生命……。
死んだら、窮屈な骨壺に入らずに自然のまま風に晒されたい。
そして地球の栄養になりたい。
そんな気分にさせるアフリカの大地溝帯である。
Lift Vallay2.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

ポジティブ思考変換機が欲しい [エチオピア]

「松村さん……、モデルなみに痩せましたね」
「あ、はぁ……まぁ、そうかしらん(照)」
Gさんは超ポジティブ思考。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

おせっかいな日本人 [エチオピア]

印刷屋から戻ってきたアシスタントのTくんが、
「みかの保存したPhotoshopのデータは使えない」
と言って戻ってきた。
「そんなはずないでしょ? CDに焼き付けて、君のPCでも確認したでしょう?」
「CDのデータもUSBのデータも、どちらも開けない」
「えー? おかしいよ。開き方が間違ってるんじゃない?」
「こちらが作った原稿に沿ってもう一度レイアウトを作り直すことにする」
「そんな非効率なこと……。せっかく全く直さなくて言いようにきっちりデザインしたのに」

私は苛立った。

続きを読む


nice!(1)  コメント(3) 

往復15分の不快@アワサ [エチオピア]

他のチームメンバーが現場に出ているため車もなく、
私は昼ご飯を食べに、ひとりで近くのホテルに歩いて行くことにした。
片道7~8分。
お昼だし、見通しのいい明るい道を歩くだけのこと。

だが、事務所を一歩出たところから緊張が始まる。
すれ違う人たちは私のことをじーっと見ている。
子供は「よーよー」と叫ぶ。
大人は「チャイナ」と呼び捨てる。
エチオピア人の表情は他の東アフリカ諸国と違って暗いし、海外から来た人間を客人として扱おうという習慣がない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ホテルでキャンプ生活 [エチオピア]

ラーメンクッカーとコッヘル三点セッ​トで、毎晩ご飯を作って食べている。

普段は疲れ切ってまともなも​のを作れないが、今日(土曜日)は早めの帰宅。
倒れ込んで昼食抜き​のまま仮眠したあと、もっそり起き上がって調理を始めた。
シャワールームでジャガイモ、ニンジン、タマネギ、白菜を多めに​切って半分はタッパーに入れて冷蔵庫で保存。
あとの半分は缶詰の​ウインナーを開けて野菜ポトフにした。
無洗米でご飯を炊き、赤カ​ブのサラダにマヨネーズ。

まあまあかな。

でも、ひとりホテルの部屋で食べるのは、やっぱり味気ない……。​
大自然を前にひとりキャンプなら、もう少し爽やかで、淋しさにも​広がりがあるんだろうけどなぁ。

北アルプスに登りたくなってきた。
槍ヶ岳を思い浮かべながら、コーヒーでも沸かそう。
nice!(0)  コメント(0) 

PC漏電(@^@) [エチオピア]

大ショック.....
PCのハードウェア障害が発生した。
外付けモデムによる高速通信が不能になってしまったのである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

道路のおきて [エチオピア]

普段仕事を急がせても全くスピードが上がらないのに、
ドライブの時は我先にとアクセルを踏むのはなぜだろう。
ハンドルを持つと早く行きたくなるらしく、
「そりゃ危ないでしょ(怖)」という追い抜きを繰り返す。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

教訓はどこに?@アリとキリギリス [エチオピア]

Mountain_Lift Vallay.jpg
標高2500メートルの大地溝帯から美しい景色を眺め、その豊かさに目を見張る。
「本当に羨ましい大自然だね」
私はアシスタントにため息をつく。
「日本には地震、津波、台風、火山と何でもあるのに、ここは一年中気候は安定していて、水も豊富で灌漑すら必要としていない。日本人は一生懸命働かないと生きていけないけど、ここなら何の心配もないよね」
「心配がないから努力もしないんですよ」
アシスタント君は、渋い顔で答える。
「そういえば、エチオピアではアリとキリギリスの話は勉強するの?」

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

疑問のマイブーム [エチオピア]

ノート.jpg
最近、大いに疑問に思っていることがある。
半年前は「なぜ牛がいるのに牛車がないのか」
であった。
今は、「なぜ子供たちはノートを手で持って学校に通うのか」
である。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - エチオピア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。