So-net無料ブログ作成
検索選択

今、できること [日記]

2008年、ちょうどザンビアの経済開発案件を手掛けている時だった。
私は2週間の一時帰国で東京に戻り、城山三郎経済小説大賞の受賞連絡を受けた。
そして、一週間後には再びザンビアに戻り、仲間たちにお祝いをしてもらった。

その時私が担当していたのは、産業調査だった。
どんな産業にポテンシャルがあるか、色々な企業を訪問して聞き取り調査をした。
銅資源に頼っている海のない内陸国。
経済特区予定地はカルスト台地で、重厚長大の産業以外で何か有力なものはないか探し回っていた。
ガタガタ道を車で移動していた時、ラジオから流れて来た曲……。
ああ、アフリカの曲だ。
その音楽は私を惹きつけて、エンタメ産業に適しているのではないか、と思った。

もちろん、ODA案件でエンタメ産業の支援などできない。
時間的にも無理だった。
でも、プロジェクトの友人たちと夢を語り、私は心の中で、
「小説でなら夢を実現できるかも」
と妄想にふけっていた。

転機は2008年に訪れた。
東日本大震災のボランティアで、二人の若いミュージシャンに出逢った。
彼らは世界に興味を持ち、これから海外に出ていくという。
「歌いながら世界中を回るのが夢」
と迫水秀樹くんは言い、
「海外でボランティアをしたい」
と出会ユキくんは言った。

私はその後ロンドンに二人を取材に行き、
そして、「アフリカッ」(中央公論新社)の中で登場人物のモチーフに使わせてもらった。
主人公である商社マンの青年が音楽を愛し旅をする青年とロンドンで出会い
あれこれと話が展開していくのである。

その迫水秀樹くん……。
「アフリカッ」の登場人物よりも根性がある。
5大陸92か国を3年半かけて旅して、
最後はタンザニアで強盗に遭って命の危険にもさらされたけど、
一回りも二回りも成長して、この9月に帰国した。

JICA短期ボランティアを経験した出会ユキくんと、
92か国ギター一本で旅した迫水秀樹くん。
その二人にエールを送るために、
10月31日にコンサートを主催します。

リハーサルを聴いた私は図らずも涙が溢れた。
すごい歌だ。
全ての理屈を取っ払って魂に直接響いてくる。

一人でも多くの人に聴いてもらわなきゃいけないと思った。
この才能を埋もらせたらいけない。
きっと、彼らを応援するのが私に今与えられたミッションだね。
最善を尽くします。

多くの人が聴きに来てくれますように……。
「世界を語ろう歌う道」

来てください。

迫水with出会チラシ.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。